カミングアウトをしなくても

隠れゲイのmarutoが日々小さなことに挑戦するブログ

衝撃に備える

最近、ツイッターをはじめたが同性婚訴訟やLGBTへのハラスメントに関する記事をよく見かける。このような記事を見ると心がざわつく。漠然と不安な気持ちになる。LGBTとして生きていく上で権利が認められたり、社会的な理解が深まることでハラスメントがなくなっていくのはもちろん良いことだということは分かる。しかし1人の当事者として素直に喜ぶことができない。

社会的な理解が深まり、権利が認められるほど世の中の風当たりがつよくなるからというのが大きな理由だと思う。有名な例として「黒人」や「女性」がまず浮かぶ。今まで抑圧されてきた存在にスポットが当たると、問題が世の中に広く知れわたる。理解を示す人がいる一方で少なくない層が嫌悪感を示す。LGBTは「黒人」や「女性」のように見た目ではっきりと判別できる存在ではないことが多い。だから自分からカミングアウトしなければ基本的には直接的な差別にさらされることはない。

しかしだからこそ家族や友人、職場の同僚など身近な存在のLGBTに関する言動に傷つくことがある。父と同居していた時、テレビで新宿二丁目を取りあつかった番組が流れていたことがあった。それを目にした父が露骨に嫌な顔をしてチャンネルを変えた。僕はいまだにあの時の父の表情を覚えている。自分の息子がゲイだと分かった時、言葉には出さないかもしれないけど少なからず父は失望するだろう。今後、世の中に出まわるLGBTに関する情報は増えていく。それに比例して嫌悪や理解のない言動も出てくるだろう。カミングアウトしていないと加工されない周囲の言動に直接さらされることになる。

そもそも人の心に芽生える差別意識をなくすことなどできるのだろうか。幼少期に見たドラマ「女王の教室」で忘れられないセリフがある。

 人間が生きている限り、いじめは永遠に存在するの。なぜなら人間は弱いものをいじめることに喜びを見出す動物だからです。

 人間は安心や安定を求める。そのために自分より「下」の存在をつくり相対的な自分の立ち位置を「上」だと認識していたい。そんな自分の認識が脅かされることがあれば誰かを攻撃する。差別意識を持つというのは(良いか悪いかは別として)当たり前のことではないかと思う。

であれば、権利獲得やハラスメント撲滅と並行して当事者の居場所づくりや心のケアに注力するべきだと思う。本音を打ちあけることができ、「自分はひとりじゃない」と思うことができるだけで心が少しだけ軽くなる。僕もゲイの友人ができたことで少しだけつよくなれた気がする。しかしそこに至るまで長い年月、孤独を感じた。LGBTの居場所はたくさんあるようでまだまだ少ない。当事者のひとりとしてできることを模索したい。

僕はLGBTの権利獲得や社会的な理解を深める活動を批判しているわけでは決してない。当事者が生きやすくなる環境づくりが社会全体で進んでいくのは素晴らしいことだ。しかし、その過程で「差別意識」にふれる機会が増えていくことに備えておかなければいけない。長い闘いになることは間違いない。「女性」や「黒人」が抱えている問題もまだ解決しているとは言えない状況なのだし。自分の中で抱える「差別意識」にも気にかけるようにしていきたい。

マイノリティ同士助けあって生きていきたいですね。

職場の小話 Part.6 ~経理はつらいよ~

突然ですが皆さん、どんな仕事をしていますか?

イケイケの営業職ですか?

ガツガツのコンサルタントですか?

それとも

今をときめくIT系フリーランスですか?(怒)

最近ツイッターをはじめて、フリーランスとか副業とかで大儲けしている人を見かけて嫉妬がやばい、まるとです。

経理ってどんなイメージ?

f:id:maruto816:20200729141850p:plain

僕は事務職でいろいろやってるんですけど、メインの業務って今は経理なんですよね。

皆さん経理ってどんなイメージをもちますか?領収証を見ながら電卓をパチパチ叩いたり、よく分からないけど決算の時に殺気立っていたり…そんなイメージでしょうか。

一見地味でつまらなさそうな経理の仕事ですが、僕は意外と好きです。パズルみたいにカチッと数字がハマったときとか快感だし、ミスなく決算を終えられた時の達成感とかが好きなんですよね。

しかし

そんな愛しい経理仕事をしていても辛いことっていろいろあるんですよね。今日はそんな経理あるあるを怒りに任せてだらだら語っていきたいと思います☆彡

①領収証をまとめて出す人(怒り度★★★☆☆)

 営業職が大変なのは分かるよ?突然タクシーを使ったり、取引先に菓子折りを持っていくこともあるでしょうよ。分かる。百歩譲って半年前の領収書を出してくるもの許す。でもまとめて大量に出す奴だけは許さん!しかも金額とか使用内容とかたいてい間違ってるんですけど…。アナログな会社で紙ベースでのやりとりなので手間が大きいのです泣 もしあなたが領収証を出す側の人間であれば必ずためずにこまめに提出しましょう。そうすれば経理の人は機嫌よく働くことができます☆彡

②丸投げ系企画職(怒り度★★★★☆)

  なにか新しいプロジェクトとかが発足するとき、当然そこにも「お金の流れ」があるわけなんですよ。単純に支払とか請求すれば良いとかだったら簡単なんですけど、大抵はそうではないんですよね。間に何社か入ったり、手数料のやりとりがあったり…。そんなお金のフローを決める最初の段階って結構大変なんですよね。それなのに企画書だけ渡して「あとはヨロピク☆彡」と言わんばかりの丸投げされた日には怒りに火がつきます。お金の入出金が経理の仕事なので最終的なしわ寄せがくるんですよね。クソッタレガアァァァア…!!!!そんな丸投げ野郎が社長賞をとったときには嫉妬と怒りで3日くらいうまく寝付くことができませんでした。企画系の方…経理も大変なのよん…お金の流れにもちょっとは興味持ってね…(瀕死)

 ③「〇年前のこの資料ある?」(怒り度★★★★★)

 監査や予算組などで過去の資料を要求されることってあるんですよね。弊社はペーパー天国な会社なのでたくさんの倉庫を抱えています。あちこちにバラバラと保管された資料を探すのは非常に骨が折れる作業なのです…。そんななか「ホッチキス貸して☆彡」みたいな軽いノリで資料を要求されると怒りが湧くのです…。しかもこっちからすると「え!?こんな資料で良いの☆彡?」って感じですよ…。面倒かけるならもっと痛いところついて来いよ…。もっとあるだろ…。そう、経理職はM気があるのです(知らんけど…)

 いかがでしたでしょうか。どんな仕事にも楽しいこと・大変なことはあると思いますが、この記事を読んで少しでも経理の人をいたわる気持ちがわいてくださったら(わかないかww)幸いです。

今日も大量の伝票を華麗に捌く、まるとでした~☆彡

彼氏ができそうでできなかった話 ~地獄編~

皆さんこんにちは。世の中はコロナの感染者が増加してますね。経済推進派と感染防止派で意見が割れていますが、ワクチンや特効薬が完成しない限りはこの繰り返しなんでしょうね。冷静に生きていきたいものです。

 

さてはて今回は前回投稿した

 「彼氏ができそうでできなかった話 ~天国編~」

maruto816.hatenablog.com

 の続きを「地獄編」としてお届けするよ!書いていて古傷が開いて心が折れそうになるけど頑張って書いてみるよ!

 

f:id:maruto816:20200724164355p:plain

酔いつぶれて解放した翌日、ラインにて酔いつぶれたことについて謝罪される。僕としてはメッセージが松坂さんから来たことがすごく嬉しく、また会いたいですね、となった。そして次の金曜日に会う約束をしてウキウキ。でも1週間も待てないな~と思ってザワザワしました

さらに翌日、また松坂さんからラインが来て、仕事が遅くなって大変だよ~という軽めの愚痴を聞き「早く終わるようでしたらちょっと会いたかったです(悲」みたいなメッセージを送信。そうしたら「じゃあ明日会おうか?仕事早く終わると思うから!」となる。心の中はお花畑が広がります

当日、松坂さんの家の近くの焼き肉に。今日もかっこいい。そして今日も松坂さんは飲む。仕事の話とか料理の話とか、おいしいイタリアンの店の話とか楽しく会話しながら時間が過ぎる。今日はセーブしたのかほろ酔い程度で店を出る。

そして「家来る?」と言われ

「キタァーーーー!!!!」

と超ハイテンションになる。平静を装い、お邪魔するとまーおしゃれなお部屋。テレビを付けて二人でソファーに座る。映画を見ることになり、なぜかシングをチョイス。


【SING】シング オーディション 歌まとめ

良い映画だよね。僕は劇場で見てたので流れはだいたいわかってたんですけど、松坂さんは初見だったようなのでニコニコしながら見る。

するとこの前のタクシーみたいに手をつないでくるテンション爆上がり

そのあとまぁ ほにゃほにゃ もあった訳ですよ。まあ詳しいことは割愛しますけど軽めです。で、もうその時点ですごく好きになっちゃって

「毎日会いたい♡」

みたいなことを言ったんですよ。松坂さんは愛情表現の一つと思ったのか一応は喜んでくれました。この時点までは相思相愛のラブラブだったと思います。幸せ気分でバイバイする。

翌日。本当に毎日会いたくて「今日も会えませんか~」とラインを送る。うん。今、冷静に振返ると結構ストーカー気質ありますよね…。ライン上は普通に了承してもらう。そしてこの日も一緒に夜ご飯を食べ、松坂さん宅にお邪魔する。

この日も ほにゃほにゃ があった訳ですがここで私はやらかしてしまうのです…。

まず、おんぼろの下着を履いていたこと

インナーのシャツ、そしてパンツどちらも着古したオンボロを着てきてしまったのです。普通の人ならそれぐらい大丈夫でしょ…と思うかもしれませんが本当にオンボロだったんですよ。大学生のころから来てるやつなんですよ黄ばんで穴が空いてるっていう感じ…。

そして、おならをしてしまったこと

数日前からお腹の調子が悪かったんですよ。ちょっと姿勢を変えたときに「ブッ」ってでちゃったんすよ…。ぱっと見気にしている素振りはなかったんですけど…。ある程度関係性が深まったら別に気にしないという人もいると思いますが、数回しか会ってない関係なら確実にマイナスですよね。しかも相手の家で……。

この日別れるとき、松坂さんはなんだか疲れた表情をしていました。

そして「毎日会いたい♡」と思ってたので翌日も会いたいとラインを送る。もうここまで来るとちょっと本格的なストーカーとかサイコパス?みたいな感じですよね笑…。そして

「今日は忙しいから無理だなー」

とご返信。この時はまだ若干のウキウキモードだったんでそこまでへこまなかったです。そしてもともと会う予定になってた週末にまた会えないかラインを送ると「友達と飲みに行くからー」と返事が。ここに来てようやく自分がやらかしたという事実に気が付き始める。「会いたい」と言わないまでもご飯のこととか他愛もないやりとりをしようとするものの返事が遅かったり、今まで使ってたスタンプ等がない淡泊な返信…。

あ、ダメだったんだな…

そう気が付き凹む。振り返ってみると結構反省点が多かったです。たくさんやらかしました笑

こうして 彼氏ができそうでできなかった という話は終わります。冷静になって考えてみると100%自分に原因があるんですけどね…。~地獄編~としましたが、本当に地獄だったのは松坂かもしれないですね…笑

相手の立場になって考える

って言葉尻としては理解できるんですけど、いざ自分が舞い上がってしまったときは難しいんだなと痛感しました。駆け引きと言ったら語弊があるかもしれませんが相手とのペースを見極めるということが大切かも知れません。下着とおならは自分にとっては反省材料ですが決定打かは分かりません。これを機にユニクロで新しいインナーを揃えたまるとなのでした…。

前にも書きましたが友達も少なめ…そして恋愛経験なし…なのでこれも一つの経験として次にゆっくり進んでいけたらなと思います(瀕死)

Lv.5だった恋愛経験がLv.6に上がったまるとでした~

(ポケモンマスターヘノミチノリハホドトオイヨン…)

彼氏ができそうでできなかった話 ~天国編~

うふっ。あはっ。

皆さんこんにちは。朝から太陽が出ていて暑い一日となりそうです。最近汗疹が体中にできてつらい、まるとです。今日は彼氏ができそうでできなかった話をお届けするよ☆彡

 

f:id:maruto816:20200719122646p:plain

ナ〇モンでマッチング機能ってあるじゃないですか。良い感じなら右、そうでもなかったら左にスワイプするやつ。ぶっちゃけだいたい右にスワイプしてるんですけど、あんまりマッチングしないんですよ(遠い目)。で、珍しくマッチングした人とメッセ交換して顔写真交換したんですね。それで「タイプです!」とかって言われたわけですよ。

 

「タイプです」

 

って言われたのってたぶんその時が人生初だったんですね。その時点でかなり舞い上がってしまった訳ですよ。相手も30代半ばの爽やかリーマンっていう感じでメッセしているときはテンションアゲアゲホイホイな感じですよ。まだ会ってもいないのに脳内では木村カエラさんの Butterflyが流れてる感じですよ。

 


木村カエラ「Butterfly」

 (お見合い大作戦風…いい番組だよね。ゲイなら一度は妄想するよね…?え!?私だけ?)

 

 でリアル当日、駅で待ち合わせて会うと松坂桃李さん似のカッコいい感じの方だったんですよね(以下、松坂さん)。松坂さんも僕の見た目を気に入ってくださったようで、気分ルンルンで焼き肉に行きました。久々のお酒の場らしく、松坂さんはガンガンお酒を飲みました。そこで何故か姫路の発音の話になったんですね

 

姫路の発音、関東と関西で違うこと、知ってました?関西の発音は姫路城の発音そのままに「城」だけとったような発音になるんですよね

 

そんな話をしてると何故かとなりのギャル風女性2人組に絡まれ始めたんですよ。いわゆる逆ナンってやつでしょうか。絡み方からして明らかに僕は眼中になくて松坂さん目当てな感じだったんですけど、まあなぜか4人仲良く焼き肉をすることになったんですよ。2人で頑張ってノンケのふりをして会話を盛り上げる。なぜかLINEの交換をしてようやく解散。気が付けばもう23時過ぎ…

夜道を二人で歩いていると

「もっとまるとと話したかった~…」

とかってベロンベロンになりながら言ってくるんですよ。めっちゃかわいかったんですよ。でも夜も遅いし、明日は仕事だしで仕方なしにタクシーで家に帰ることになったんですよ。たまたま方向は一緒だったので仲良く二人で乗車。そして運転手さんに見えないように手をつないでくる

 

よ、ようやく僕にも彼氏ができる…かも(涙目)

 

と幸せ気分になりながら松坂さん宅に到着。ぶっちゃけもう爆睡状態だったのでベッドに横にならせて、布団を被せて待ってもらっていたタクシーに乗って自宅に帰りました(この時は何もなかったよ笑)

 

一回分でまとめようと思ったんですけど、長くなってしまったので今回は「天国編」ということで一旦ここで切ろうと思います。順調な初リアルでしたが、ここから僕の幾つかの過ちでこの出会いは大失敗に終わります…泣

 

いろんな人とリアルをして、好意を寄せてもらったり、自分から好意を寄せてみたりすることはあったんですけど、お互いに好意を持つっていう感じなのはこの時がはじめてだったんですよ。だからすごく嬉しかったし、今でも特別な出会いだったな~って思って傷も癒えてきたので文章にしてみました。因みに松坂さんと会ったのは昨年の話ですね。

 

今日も素敵なリアルライフ()をしましょうね☆彡

 

まったくリアルの予定がないまるとでした~☆

ゼンゼンマッチングシナイヨー…

 

 

ゲイの老後は悲惨!?!?

連日空はどんより、テレビをつければ災害関連のニュース。こんな時はどうしても心まで曇りがちですよね。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。まるとは特にリアルをすることもなく、粛々と日々の業務をこなしています。

 ところで前回、 maruto816.hatenablog.com

 こんな記事を書いたんですけど、ライフプランのことを考えると自然に老後のこと、考えちゃいますよね。

f:id:maruto816:20200715110414p:plain

アプリやゲイバーなどを見ても60代以降の方ってほっとんど見かけません。

還暦を迎えるとノンケになれるんでしょうか…?

それとも

60代から入会できる極秘のゲイサークルでもあるんでしょうか…?

それとも

60代以降でも50代と偽り続けて活動をしているのでしょうか…?

 どの年代にも一定数いるはずなのに、私たち現役世代が活動する場にはあまり接点がありません(私の活動範囲が狭いだけかもしれませんが…)。

実際にゲイの人が老後どのように過ごしているのか、身近にいないとほとんどイメージがわかないです。

因みに自分の場合は

理想タワーマンション1棟所有。家賃収入等で優雅に暮らす。1年間の半分はハワイの別荘で過ごす。恋人はいるか分からないけど、いたら一緒に過ごしたい。友達とも定期的に遊ぶ。

現実→70歳まではあくせくと働く。体にガタが来ると同時に引退。貯金を細々と取り崩しながら何とか生活する。友人と遊びに行きたいが金がなくどんどん疎遠に…。孤独な老後生活が死ぬまで続く……。

…こんなところでしょうか……。

ふと思ったのは

お金は死ぬ気で稼ぐべき そして貯めるべき

ということです。うん。

ゲイは経済的な余裕があります。自由もあります。若いうちは気楽に、楽しく生活ができます。ただし、将来に備えた準備を早いうちから始めた方がよいということが動物の勘っぽく自分に強く語りかけてきます

大抵のゲイは自分の子供を持たないので、自分の身の回りのことは最後の最後まで自分でどうにかする必要があります。親戚と良好な関係を築いていたとしても時代は少子高齢化。自分の親の面倒を見るだけで精いっぱいだと考えてあまりあてにはできません。パートナーだっているか、分からないし……。今いないならいない前提で準備をしておく必要があります。

そんな時代をサバイバーするのであればとりあえずマネーは必要不可欠。皆さん今日もお賃金のためにあくせく働きましょう!アハハハッ…!!

という訳で、自分としてはゲイ専用の介護付きマンションみたいなものができたらいいな、と思います。ゲイ同士助け合いながら交流を楽しみ、自分で身の回りのことができなくなったら介護の方に生活を助けてもらう。そしてできる限り快適に充実した余生を過ごす。一般的な介護施設だとやっぱり、周りの目を気にしてしまうと思うんですよね。だからゲイ専用っていうところが肝だと思います。

それから今のうちからいろいろなゲイの知り合い・友人をつくっていきたいですね。やっぱり一人で将来のことを考えるとどうしても悲観的になってしまいます。ゲイ同士のつながりを大切にして楽しく人生をサバイバーしていきたいですね☆彡

こんなこと書きながら早死にしそうなまるとでした~☆

ミッカレンゾクノカップメンオイシー!!!!!

 

 

ゲイの僕がハロプロ好きな理由

皆さんこんにちは!

今日はちょっと趣向をかえて趣味の話をしようと思います。完全に自己満足の世界なので(いつもそうですが…笑)ご了承くださいっ!

 突然のカミングアウトですが、僕はハロプロが好きです。本格的に好きになったのは社会人になってから。モーニング娘の「help me!!」のPVを見たことがきっかけです。


モーニング娘。 『Help me!!』 (Dance Shot Ver.)

フォーメーションダンスがカッコよく、歌も良い。ライブには行かないものの、YoutubeでPVやライブ映像は毎日のように見ています。ただ単に魅力を語るだけだとつまらなくなってしまうと思ったので、とりあえずゲイ目線?で魅力を語っていこうと思います!

 

①理想の女の子像がたくさんいる!

 別に僕は女装が趣味だとか、普段からオネエ口調でしゃべったりはしないんですけど、漠然と可愛い・カッコいい女の子に憧れがあるんですよね。ハロプロは時に可愛く、時にカッコいいパフォーマンスが混ぜ込まれていて

「あ、あんな女の子になりたい…!」

という叶いもしない妄想を抱かせられます。そのため生まれ変わったらハロプロに入れるように今世でできるかぎり徳を積めるように修練しています。因みに僕が今現役で好きなのは佐藤優樹ちゃんとか森戸ちゃんです(基本みんな好きですが!)。

 

②歌が熱い!

 音楽にはあまり詳しくないんですが、ハロプロは生歌にこだわっています。同じ曲で同じ人が歌っていてもライブによって歌い方が全然違ったりします。

「今回はかっこいいな~」とか「数年たってめっちゃセクシーな歌い方になってる!」とか比べるとその子の成長を感じられます。あと卒業したメンバーの歌割が誰に受け継がれるのか、そしてどういう歌い方をするのか、というところも楽しむポイントだと思います。有名なのはシャボン玉とかですね。リリースされたのは2003年なんですけど、今でもライブで歌われていて比べるのがとても楽しいです。

 

③卒業・引退したメンバーもとっても魅力的

 なぜか引退とか卒業した人・メンバーにとっても魅力を感じるんですよね…。今は決して見ることができないところに希少性を感じるのでしょうか…。モーニング娘だと6期メンバーの亀井絵里ちゃんとか。あとは僕と同学年の嗣永桃子ちゃんとか…。ぶりっ子キャラでバラエティに出てたけど、ライブでの歌やダンス、ファンイベントでのトークが彼女にとっての神髄だと思います。今一番はまっているのはBouno!の初恋サイダーだよ!ぜひ一度Youtubeで見ていただきたいです。最初の鈴木愛理ちゃんのソロが好きすぎます。


4K Buono! 伝説のゆび祭り 初恋サイダー ~ ロッタラ ロッタラ ~ 恋愛ライダー '12 歌詞付

 

書いてみると意外とゲイだからっていう感じではなく、普通に歌が好きっていうところが大きかったです。可愛い女の子はセクシャリティに関わらず魅力的っていうことですね

コロナでイベントも自粛ムードですが落ち着いたら絶対ライブに行ってみたいです!

初心者でも受け入れてもらえるのかしら…(ホゲ)

今回は全般的な話に終始してしまいましたが、今後も不定期でハロプロ愛は語っていきたいと思います☆彡

心を開いていない

久々の休日、朝散歩に行きセブンイレブンのカフェラテを飲んだだけでもう優雅な気分。そんな朝を迎えました。まるとです。今日は職場で上司から「心を開いていない」と言われたことについて書いていくよ☆彡

f:id:maruto816:20200708104411p:plain

関西に転勤してきて仕事にも慣れ、職場の人とも打ち解けつつ、幸いにも良好な人間関係が築けてきているのかなと思っていた時、会社の飲み会に誘われたんですね。同じ会社ですが東京にいたころは飲み会ってほぼありませんでした。部署としてやるのも年に一回か二回、そして行く人も役職付きの人ばかり。自分は異動してきたときの最初の飲み会に行ったきり。ドライですが職場の人間関係自体は良好でした。

ですが、関西の職場では月に一回は何かしら理由をつけた飲み会がありました。驚いたのは社員だけでなく、派遣やアルバイトの人も含めてほぼ全員参加だということ。東京の職場では考えられないです。となると自分だけ参加しない訳にも行かず、ほぼ毎回参加することになっています。

そこで上司に言われたのが

「心を開いていない」

という言葉でした。

どうやら好きな異性のタイプとか芸能人とかそういう話に積極的に関わってこないことに対して言ったみたいです。が、良好な人間関係が築けてきていると思っていただけに言われたときはちょっとショックでした。好きな芸能人とか、好みのタイプを話すだけならある程度取り繕えるんですけど、性的な部分まで踏み込んだ話題になると結構困って話題が変わるのを待っていました。だからだと思います。関西の今いる職場ってアットホームですけど、それってあくまでも家族的・友達的な意味合いなんですよね。だからある程度踏み込んだことまで話してはじめて腹をわって話せる関係になる、みたいな。

僕はもともと職場ではカミングアウトするつもりはないですけど、そういう話題になった時に嘲笑ったり、嫌悪感を出す人が結構いたのでなるべく片鱗もみせないように気を付けています。ただ、完璧にノンケになりきることはできない。それで職場の人に心を開いていないと思われてしまう。そして疎外感を感じる。

職場で配られる社内通信にはダイバーシティとかLGBTも含めたすべての人が働きやすい職場づくりって言われているけど、どうしたらそうなれるのかなって考えてもなかなか難しいです。

でもその第一歩は「相手は自分とは違う考え方なのかもしれない」と想像力を働かせて許容することではないかと思います。

もちろん友人同士で好きな異性の話をするのは良いと思います。でもやっぱり職場はもう一歩想像力を働かせるべきです。不特定多数の人がいる場では、この話題は不快に感じる人がいるかもしれないと想像して別の話をする等など…。そして積極的に認めなくてもいいから「まぁ、そういう人もいるよね…」程度に心にとどめてもらう。

差別や不快に思う心ってある程度価値観が定まってくると大きく変えることって難しくなってくると思うんですよね。だから差別や偏見をなくすというのはハードルが高すぎると思うので、ちょっとだけ想像力を働かせて言動を少しだけ選ぶようにしてくれたら、ちょっとだけ生きやすくなると思います。僕も自分が差別や偏見で誰かを傷つけていないか、ちょっと振り返って改善できるところはしていきたいなと思います。

強い心と豊かな想像力でサバイバーしていきたいですね!

あ、あと最近話題の()ツイッターをはじめてみました。くだらないことばっかり呟きますがよければ繋がりましょ~。

ネット友達もつくりたい、まるとでした☆彡