カミングアウトをしなくても

隠れゲイのmarutoが日々小さなことに挑戦するブログ

職場の小話 Part.7 ~とあるおっさんが退職した話~

先日、とある同僚が職場を退職した。

定年後再雇用として働いていたが65歳になり退職、いわゆる「2回目の定年」で。この同僚(以下「同僚A」)の退職に思いを馳せざるを得ない。

 

同僚Aのスペック

・巨漢

・体臭がきつい

・口臭もきつい

・独身(既婚歴なし、会話から推察するにおそらくノンケ)

・一貫して平社員

 

 このスペックから周囲からあまりよく思われていなかったということが分かると思う。事実、僕もそんなに良い印象を持たなかった。仕事も自己流で問題を見落としたり、隠したりして業務を引き継いだ時にだいぶ苦労した。突っ込んだ質問をすると嫌味を言ったり、逆切れしてきた。

 

アットホーム()な職場ではあったので明らかに爪弾きにされることはなかったけど、皆何となく彼を避けていたと思う。私に異性関連の話題を振ってきたときにほぼ必ず、「このままだと同僚Aさんみたいになっちゃうよ笑」と言ってみんなで笑うのがお決まりだった。僕は引きつった愛想笑いをすることしかできなかった。

 

そんな彼が先日退職のあいさつに来た。といってもコロナの影響で全員の前でお別れのあいさつをするわけではない。個別に近寄ってきて退職する旨を報告してきた。人員削減で仕事中もあまり余裕がなく、そんなに丁寧に接している人はいなかった。パソコンから目を話さずに聞き流している人もいた。

 

「これから何をして生きていけば分からない」そう言う彼の言葉を聞いて、気の利いた言葉をかけることもできず、僕との会話は終わった。ちょっと寂しそうな顔をして職場全体を眺めて彼は去っていった。感傷的なお別れムードになることはなく、すぐに皆自分の業務に戻っていった。今は業績がやばくてピリピリしている。皆必死なのだ。 

 

でも、そんな同僚Aの去り際を見て

「これは将来の自分の姿なんじゃないか」

そう思わずにはいられなかった。これまでもこれからもずっと一人で過ごしてきて、身なりや日々の言動について注意してくれる人もいない。年とともにプライドが肥大していって周囲から疎まれる存在になっていく。そんな同僚Aの今後を想像すると「孤独死」という言葉しか思いつかなかった。

 

だから今から恋人をつくろうとか、友達をつくろう、というところまで言うつもりはない。ただ行動には必ず結果が伴うというだけだ。 「ゲイだから孤独」と考えてしまいがちだけど、人間関係はセクシャリティに関わらずその人の生き方が反映されるものだ。

 

何かのせいにするのは簡単だけど、それを言い訳に「自分可哀そう」と自己陶酔しているといつか後悔する時がくる。そしてそう思ったときには遅いかもしれない。若さは一瞬でなくなる。今回の同僚Aの退職で自分の生き方を考えさせられた。

 

 

 

 

2021年やりたいあんなことこんなこと ブログ編

ちはっ。最近、いい文章が書きたいと鼻息荒く生活しているんですけどそうなると結局文が進まないしこの間みたいななんとも中途半端な記事を書いちゃったりするので

「書きたい時に、書きたいこと、書いとこ☆彡」

というスタンスでブログ書いていこうと思いました。

ということで2021年やりたいあんなこと、こんなことをダラダラ書いていこうと思います。

f:id:maruto816:20210113191948p:plain

①ブログの更新頻度をあげる

 うん。もちろん、

 あわよくばブログでアフィリエイト収入を得たい

 あわよくばたくさんの人に読んでもらってイン〇ルエ〇サーになりたい とか

 金に繋がるなにかにならないかな、と浅はかに考えてしまうんですけど、

まあそんな訳はないので内容の良し悪しとか、文章の構成とか、考えすぎずに日々感じたことをもっと書いていきたいなーと思います。

まあ金よりも人と繋がっていきたいって感じですね(コロナでリアルで友達つくりにくいので)。

②ブログでもっと自己開示したい

 なんか、私キレイ売りしてるじゃないですか

もちろん実物もキレイな生活を送ってるんですけど()

職場とか、学生時代の友人とかにカミングアウトしてなくて

なんか自分がさらけ出せる場所が欲しいなー

と思ってブログをはじめたのにいざ何かを書こうとするとウケを狙って

エセ自己啓発本みたいな文章になってしまったり

結局「周りからどう見られるか?」を気にしすぎる文章になっちゃうんですよね。

ブログなんて所詮オ〇ニーみたいなものなんで、もっと自分の経験とか、考えたことを書いていきたいなと思います。読んでもらう書き方も大切ですけど、自分の日々の記録みたいな感じですね。

③なんてなかった…

 こういうとき3つあげるとおさまりがいいって何となく思うんですけど、

 頑張って考えてもとくに思いつきませんでした笑

 ようは、もっとたくさん更新してブログを楽しんでいこうっていう感じですね。

 はてなブログに限らず、いろんな人のブログを読んでコミュニケーションとっていけたらなーって思います。

 2021年やりたいことを考えたときに、結構いろいろ思いついたのでとりあえずブログについて書いてみました。あとは仕事編、プライベート編とか、つらつらと書いていこうと思います。

 まあ、やりたいことなんて言ったもん勝ちですよね!

 ということでみなさま今年もよろしくお願いいたします☆彡

 

 

自分を知るということ

皆さん大変お久しぶりです☆

もう2021年になってしまいましたね。1年の振返りとか、今年の目標とか本当はブログで書いていった方が良いんでしょうけどネットフリックスという沼にハマってしまってタイミングをすっかり逃してしまいました。

大変な状況ですが一喜一憂せずに、粛々と目の前の日常と向き合っていきたいものです。

1年の、というよりも継続的な目標ですが「自分を知る」ということを意識して過ごしていきたいと思います。

 

 自分を知るってなんだ

具体的に言うと自分の体や性格、考え方についての傾向を押さえて「どういう過ごし方をしたら、良い状態を保てるか?」ということを考え、実行していきます。

「何となく今日は体調が悪いな~」 とか

「最近気分が落ち込み気味かも…」 とか

って誰でもありますよね。そんな心身の波を完全にコントロールすることはできませんが、因果関係が分かれば避けられることもあります。

特に今はコロナ禍にあって思うように人と会ったり、旅行に行ったりということが難しくストレスが溜まりがちなので自分へのそもそものストレス要因を軽減していきたいと思います。

今のところの自分の傾向

とりあえず、思いつくままに書き出してみます。

・思考が飛躍しがち

・0or100で物事を考えがち

・冬(特に年末年始)に気分が落ち込みやすい

・プライベートで計画を立てるのが苦手

・選択をするのが苦手

・自意識過剰

・人の顔色を気にしがち

・カフェインに弱い(寝れない、トイレが近くなる)

・陽の光を浴びないと調子が悪い

・物の整理が苦手

・相手を自分より上か下か決めたがる

・睡眠は7時間以上必要

・人の悪口や仕事の愚痴ばかり話す

・ファッションに無頓着

 今後も自分の傾向を知るために日記を書こうと思います。今日何があって、自分はどう行動して、何を感じたのか。体調はどうだったのか。頭の中だけで蓄積すると忘れて同じことを繰り返したり、うやむやなままになってしまうと思うので。

具体的な行動を考える

上記で羅列したものを分類し、どうしていくかを考えます。若干適当だけど…

 

〈身体系〉

・カフェイン ・陽の光 ・睡眠

→日ごろから睡眠や散歩を心がけて、あんまりカフェイン取らないようにしているのですでにやれることはできている。仕事の繁忙期など、生活リズムが乱れたときにより意識する

 

〈思考系〉

・飛躍 ・0or100 ・選択 ・計画

何かを考えるとき、悩むとき紙に書くことを意識。要因→結果の因果関係は論理的か?を意識して思考に飛躍がないか意識。選択と計画が難しい。スケジュール帳を活用して、やりたいこと・やらねばならぬことを書き出して具体的な日付落とし込むことをまずする。

 

〈対人系〉

・自意識過剰 ・人の顔色 ・上か下 ・愚痴悪口

→正直一番解決策が分からないけど、書いてて思ったのは百害あって一利なしだなということ。書いててムカついてきた。ここに悩むことがあったらほかにやるべきことを探してそっちに意識を集中しようと思います。

 

〈メンタル・季節系〉

・冬に落ち込みやすい

→寒さに無頓着でしたが今年から暖房と加湿を充実してなるべくあったかく過ごすようにしてます。年末年始は毎年そうなんで「また来たか」と思って気楽に受け流すようにします。

 

〈習慣〉

・整理 ・ファッション

→ベッドの下、クローゼット、机周り、台所周り 休日に1か所ずつ整理する癖をつける。ファッションはぶっちゃけ無頓着のままでいいんじゃね?って思うんですけどボロボロのまま着ちゃったりするので曜日ごとに着る服決めて服の寿命とかを保っていこうと思います。

 

終わりに

案外、自分のことって分かっていないんだなって思います。そのせいで同じ失敗を繰り返すのは時間とエネルギーが勿体ないです。だから自分のことを知ろうとすることで負のループから抜け出すことを今年は意識してみたいと思います。

 

今年もよろしくお願いいたします☆

 

ハッピーでおっぱっぴーに過ごしたいまるとでした~☆彡

 

 

自分なりの価値観をつくる

阿久津先生は言いました

 

 「人に好かれたい、お金が欲しい、いい服が着たい、いいものが食べたい、いい家に住みたい。そんなことばかりを考えて生きるだけになってしまうわよ。そんなことが本当に幸せだと思う? 」 女王の教室スペシャル エピソード1~堕天使~ より

 

私は最近まさに

モテたい、お金が欲しい、タワマンに住みたい

と浅はかに考えていたので、瀕死の大ダメージを食らいました。

 

久しぶりに「女王の教室」を見返してみて感じたのは自分が「他人の価値観で生きている」ということでした。

 

自分が多数派にいると思って安心したい。

周りから浮いた存在になりたくない。

嫌われたくない。

 

そう思って生きてきた分、人の顔色や意見・噂話には敏感になります。成長するにつれ、ネット情報にもアンテナは広がり「人が良いと思うもの」「悪いと思うもの」を蓄積していきます。そしてそれがまるっと自分の判断基準になるのです。

 

良い成績を取ることで評価される学生時代や、無難にふるまうことでやり過ごせる職場では役に立ってきたかも知れません。

 

でも今、私は壁にぶち当たっています

 

 そう遠くない未来、潰れてしまうのではないかという会社で働いている自分。

今後自分はなにをして生きていこうか。

そう考えたときに思い浮かぶのは

「何となくイケてそうで、皆よりちょっとお給料が良くて、羨ましがられる仕事がしたい」

ということだけでした。

SNSをはじめて痛感したんですが「キラキラしている」「イケている」という感覚には際限がなく、一度満たされると「もっともっと」という気持ちが生まれ、逃れることのできないマウント蟻地獄にはまることになります。 

こうやって周りの目を気にしているといつまでも「満たされない気持ち」を常にかかえながら生きていくことになります。

ではどうしたら良いか。「自分なりの価値観」をつくるしかありません。

「自分なりの価値観」てどうしたら身につけられるのでしょうか。

自分の中で、明確な答えがあるわけではないですが

「自分の頭で考えて、行動し、そこから何を得るか・感じるか」

の積み重ねかな、と思います。

 やってみたいこと、興味のあることにアクションを起こしてみる。調べ過ぎず、心配しすぎずとりあえず行動してみる。

人の目を気にして「やらなければいけないこと」みたいに感じることはこの際、選択肢から外す。楽しかったら続ければいいし、違うかなと思ったらほかを探す。

「おっ、これは面白そうだ」というものに出会えたら、時間とエネルギーをかけてみる。 同じ分野にのめり込んでいる人とSNSで繋がってみる。こういったことを根気よくしていきたいな、と思います。

関西に来たばかりのころは新鮮な気持ちでゲイバーに一人で行ったり、近場でもいろんな観光スポットに行ったりと、小さいながらいろんなことに挑戦していたんですが、最近コロナを言い訳に家で塞ぎ込みがちでした。

家に引きこもってスマホをポチポチしているだけで何となく世の中を達観した気になってしまいますが、それだけでは目の前の自分の生活に良い変化はないですよね。

 人の目を気にしているヒマもない、充実した生活を送りたいものです。

初心を忘れずに、いろいろ行動していこうと思います☆

あ、そういえば冒頭で触れた「女王の教室」、名言の宝庫ともいえる良作ですのでご興味のある方は動画サイト漁って見てみてください…!

そうは言ってもやっぱりタワマンは欲しい、まるとでした~☆彡

 

 

 

 

焼肉とタワマンの話

決算という修羅場にいたためにうっかりブログの存在を失念してました☆彡

 

ちょっと業績が悪すぎて笑えないレベルになってきました。会社のマネーがいつ枯渇するか、ドキドキしながら仕事をしている今日この頃です。テヘッ!!

ということで?今日はリアルをするときのマネー(お金)の話をしていきたいと思います。

 

男女でもよく話題になるおごるかおごらないかという話。リアルするときって皆さんどうしてますか?僕は基本割り勘なんですけど、年上の方とお会いしたときに、出してくださるときはお言葉に甘えるようにしてます。でも奢られるのってちょっと借りができるみたいですよね。

「東〇カレンダー」に出てくる港区女子のように華麗に奢られたいものです。

f:id:maruto816:20201018211801p:plain

それは僕がまだゲイデビューしたてで、ピュアな心を持っていた頃…(遠い目)

 別におじさんフェチとかでも何でもないんですけど、20歳年上の人とリアルすることになったんですね。メッセージのやり取りもそれなりに盛り上がり、焼き肉食べたいですね、となって「ご馳走します」と言われたんでホイホイ会いに行ったわけです

当日待ち合わせの場所に行くと、年相応のおじさんが。写真詐欺は全然なく、むしろ実物の方がカッコいい感じだったのでそこは好感を持ちました。そして近くの焼肉屋へ。いきなりタバコをスパスパ吸い始めたので「あれ…?」と思ったのもつかの間。

いきなり過去にリアルしてきた人の悪口を話出すではありませんか

やれ「相手の部屋の床のホコリがすごかった…」だの

「勝手にトイレを使ったら怒りだして追い出された…」だの…

(私…なにを聞かされているのかしら☆彡)

と思いつつ、ご馳走される立場なので笑顔で右から左に聞きながす。

やっと話が終わったかと思うと今度は僕の仕事に対する質問の嵐…。

「どんな仕事?」「職場はどこ?」「最寄り駅は?」

どうやら僕の職場を特定したいようだ。

やっぱり巡りめぐってゲイバレしないか、どうしても気にしてしまうので特に初対面の人とかに、仕事のこととか詮索されたくないですよね。

引きつった愛想笑いをしながら適当にやりすごす…。

 だがしかし…

こんな状況でも肉は旨い

無心になって肉を爆食い。うまかった。

腹が満たされたところでお会計をすることに。

そしてお財布出すフリだけして退店。

とりあえず駅の方へ歩き出す。 

そして「このあとホテル行かない?」とお誘いが。

(き、キターーーー!!!!!!!!!!!! これがウワサのお持ち帰りってやつか!!!!!!!)

 と思いつつ、会ったばっかで話が合うとかそういうこともなかったので、断りたい…。プライドを傷つけないように、どう平穏に断ろうか…。ものの数秒考えを巡らせた結果、

「初対面で恥ずかしいんで、またこんどお願いします☆彡」

とウブなふりして断る。

するとみるみる機嫌が悪くなり、ボソッと

「奢ってやったのに…」

というではありませんか。

そうなると私も(焼肉ごときでなびく女じゃないわっ☆彡)港区女子風に気持ちを切り替えて

「明日仕事早いんで帰りま~す♡んじゃ☆彡」

とさっさと帰ることにしました。

うん。これを機に、なるべく人から奢られないようにしました。なんか対等じゃなくなっちゃう気がして、変に気を遣うようになっちゃうんですよね。

因みにおうちに帰ってアプリを開いてみたらブロックされてました☆彡。

ま、案の定って感じっすね。

まあ…今回は大衆的な焼肉店だったけど…

これが叙〇苑だったら…?游〇亭だったら…?

はたまた、バー〇リーだったら…?ヴィ〇ンだったら…?

タワマンだったら…?

タワマンだったら…そりゃーホイホイ行きますわ

相手から何か施しを受けたり、貰ったりしたら「申し訳ないな…」とか「何かで返さなきゃな…」とか考えちゃうタイプなので、奢られるのってやっぱり苦手ですね。

僕も

「タワマン買ってぇ~♡」

くらい言えるような図太い人間になりたいなと思う今日この頃です。

 

来世は港区女子になりたい、まるとでした~☆彡

 

新型コロナウィルスの抗体検査を受けました

お久しぶりです。暑さで頭がボーっとして気が付いたらブログの更新を忘れてました☆彡

暑くて溶けそうですね。ゲンキダシテイキマショ…。

今日は新型コロナウィルスの抗体検査を受けた話を書いていこうと思います。

 

検査を受けた理由

 別に発熱とか咳が出たわけでもないんです。味覚や嗅覚に異常があった訳でもない。 

ただあるときから原因不明の全身蕁麻疹と胃痛に襲われたんですよ。

見た目結構グロテスクで、食後は強烈な胃痛…。しんどかったです(遠い目)

ぶっちゃけコロナとは無関係の症状だと思ったんですけど、こんな状況なので

体調不良=コロナ…?

みたいな周りの空気を感じはじめたんですよ。

そういう視線を向けられると自分でも心配になってきます。

そう、いつだって論理的思考より心配性な自分の気質が勝つのです(白目)。

そんな訳で検査を受ける方法がないか情報収集してみることに。

選んだのは郵送タイプ

新型コロナウィルスの検査を受けようと思ったときにまっさきに思いつくのがPCR検査。

でも公費で受けるような接触歴もないし、症状もないし…。かと言って自費だと約4万円もかかるし…

ということで調べてみると抗体検査が比較的安価で受けられることが分かりました。

 

何となく病院に行くのも気が引けたので「コロナ 抗体検査 郵送」でググってみると

 GME医学研究所がヒット

  実は以前、HIVの郵送検査をGMEで受けたことがあったんですよ。スピード感があって検査結果もすぐに出るということで今回もGMEで検査してみることにしました。

 因みにGMEのホームページを見てみると「簡易キットでの検査ではありません」という記述が。

詳しくはホームページに記載がありますが、簡易キットだと発症後日数での陽性率にバラつきが結構あるようです。

注文から検査結果閲覧まで

7月28日(火)10時頃

ポチっとしてカード決済 税込6,800円也…

 7月29日(水)11時頃

自宅のポストに投函。早い。不在でも再配達等、手間や時間がかからないのが非常に嬉しい。

因みに荷姿はこんな感じ…。

f:id:maruto816:20200815225222j:plain

隣の本に特に意味はありません。サイズ感が分かった方が良いかなと思って置きました。

開けてみるとこんな感じ!

 

f:id:maruto816:20200815225515j:plain

 7月31日(金)

採血。上の写真のピンクの器具を使って指に小さな傷をつくる。すこしチクっとするかな?という感じ。そこから出た血を小さなカプセル状の容器に入れる。頑張って指を圧迫して適量を採取。そして同封の説明書きに沿って梱包。

同日中に郵便出し。ちょっとネックなのがココから。同封のゆうパックの伝票で検体を送り返すのだが、チルド便でしか送れない。簡単に言うとクール便ですね。取り扱うことができる郵便局が限られている。自宅に来てもらう集荷サービスもあるけど、仕事続きで在宅時間の確保が難しかったので断念。事前にそのことは承知していたので少し遠めの郵便局に持ち込み。

送料約1,000円也…

 8月6日(木)正午

簡易書留の不在表がポストに投函される。後日、郵便局の窓口で受け取り

f:id:maruto816:20200816204440j:plain

検査結果は厚手の用紙が1枚で入っていました。HIVの検査は結果がホームページですぐ見ることが出来たんですけど、コロナの抗体検査に関しては現在のところ簡易書留の結果報告のみのようです。

もし陽性だった時に、スムーズに医療機関へ紹介ができるように紙ベースなのかな?

ほかの人の目に触れることがないよう配慮して書留なんだろうな…

と、勝手ながら推測。

ちなみに陽性だった時は有料でPCR検査ができる医療機関を紹介してくださるそうです

とりあえず今回の検査結果は陰性。蕁麻疹と胃痛なにが原因なのかな…ハハ…(遠い目)

まとめ

最後に良かったこと・いまいちだったことをまとめておきたいと思います。

良かったこと

・PCR検査に比べ安価に検査を受けることができる

・病院に行かず、自分のペースで検査をすることができる

・注文~発送や検査~結果報告までの流れが速い

陽性だったときのフォロー体制がしっかりあることも安心ですね

いまいちだったこと

・なんだかんだで結構お金はかかる(送料含め8,000円弱…)

ゆうパックのチルド便を取り扱ってる郵便局が思いのほか少ない

・検査結果がすぐにホームページで見れるとベター

こんなところでしょうか。

コロナと直接むすびつくような症状がなかったのにも関わらず検査を受けたことに関して賛否両論あると思いますが、心配で気になるぅぅう…!というかたは自費でも受けてみるといいのではないでしょうか。

今回のような自費の郵送キットでの抗体検査なら医療機関や保健所に負担をかけるようなこともありませんし。

抗体検査自体にどれほど意味があるのか、というご指摘もあるかもしれませんが僕は専門家ではありませんのでそのあたりへの言及は控えておきます…。

 早く新型コロナウィルスが終息しますように(切実)

 因みに今回はじめてアフィリエイト広告なるものを貼ってみました…。これで僕も億万長者()だね…。アハハノハ…。

衝撃に備える

最近、ツイッターをはじめたが同性婚訴訟やLGBTへのハラスメントに関する記事をよく見かける。このような記事を見ると心がざわつく。漠然と不安な気持ちになる。LGBTとして生きていく上で権利が認められたり、社会的な理解が深まることでハラスメントがなくなっていくのはもちろん良いことだということは分かる。しかし1人の当事者として素直に喜ぶことができない。

社会的な理解が深まり、権利が認められるほど世の中の風当たりがつよくなるからというのが大きな理由だと思う。有名な例として「黒人」や「女性」がまず浮かぶ。今まで抑圧されてきた存在にスポットが当たると、問題が世の中に広く知れわたる。理解を示す人がいる一方で少なくない層が嫌悪感を示す。LGBTは「黒人」や「女性」のように見た目ではっきりと判別できる存在ではないことが多い。だから自分からカミングアウトしなければ基本的には直接的な差別にさらされることはない。

しかしだからこそ家族や友人、職場の同僚など身近な存在のLGBTに関する言動に傷つくことがある。父と同居していた時、テレビで新宿二丁目を取りあつかった番組が流れていたことがあった。それを目にした父が露骨に嫌な顔をしてチャンネルを変えた。僕はいまだにあの時の父の表情を覚えている。自分の息子がゲイだと分かった時、言葉には出さないかもしれないけど少なからず父は失望するだろう。今後、世の中に出まわるLGBTに関する情報は増えていく。それに比例して嫌悪や理解のない言動も出てくるだろう。カミングアウトしていないと加工されない周囲の言動に直接さらされることになる。

そもそも人の心に芽生える差別意識をなくすことなどできるのだろうか。幼少期に見たドラマ「女王の教室」で忘れられないセリフがある。

 人間が生きている限り、いじめは永遠に存在するの。なぜなら人間は弱いものをいじめることに喜びを見出す動物だからです。

 人間は安心や安定を求める。そのために自分より「下」の存在をつくり相対的な自分の立ち位置を「上」だと認識していたい。そんな自分の認識が脅かされることがあれば誰かを攻撃する。差別意識を持つというのは(良いか悪いかは別として)当たり前のことではないかと思う。

であれば、権利獲得やハラスメント撲滅と並行して当事者の居場所づくりや心のケアに注力するべきだと思う。本音を打ちあけることができ、「自分はひとりじゃない」と思うことができるだけで心が少しだけ軽くなる。僕もゲイの友人ができたことで少しだけつよくなれた気がする。しかしそこに至るまで長い年月、孤独を感じた。LGBTの居場所はたくさんあるようでまだまだ少ない。当事者のひとりとしてできることを模索したい。

僕はLGBTの権利獲得や社会的な理解を深める活動を批判しているわけでは決してない。当事者が生きやすくなる環境づくりが社会全体で進んでいくのは素晴らしいことだ。しかし、その過程で「差別意識」にふれる機会が増えていくことに備えておかなければいけない。長い闘いになることは間違いない。「女性」や「黒人」が抱えている問題もまだ解決しているとは言えない状況なのだし。自分の中で抱える「差別意識」にも気にかけるようにしていきたい。

マイノリティ同士助けあって生きていきたいですね。